大阪府東大阪市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

大阪府東大阪市の小学校転校手続きについて

2016年10月04日 13時22分

引越しする事が決まって、子どもがいるなら転校の手続きが必要となります。転校手続きは、色々と走り回らなければいけない上に、必要書類も煩雑で戸惑うことも多々あると思います。急遽決まった引越しだと、住所の詳細が決まっていない事もありそうですが、大事なポイントを抑えればそこまで苦労せずに転校手続きを進めることが出来ると思います。このサイトでは、子どもを過去に転校させた管理人が、時系列順に手続きに関する必須ポイントをご紹介します。小学校の転校手続きQ&A個人的な事情で、引っ越し先の住所がまだ決まっていません。小学校の転校手続きは進められるでしょうか。A.転校は仕方なくする場合もありますので、特例で認められるパターンもあります。例は、家庭内暴力や付きまといの被害にあって家を出たいが、次の新居を決定できない場合です。特例に当てはまっていますので、安心して相談してください。また、特認校と呼ばれる小規模学校もあります。離れた住居から通ってもいい体制となっています。Q.小学校の転校をする際、市役所や学校、教育委員会に子どもも連れていく方がいいですか?A.旧学校は保護者の方だけで連絡を取り、書類の提出等した方がいいでしょう。どの時期に、転校するかをクラスで伝えるかなど、先生と相談が必要になり、その場に子どもがいると相談しづらくなります。転校先では先生側も子ども側も、お互いが見ておきたいでしょうから、一緒の方がいいですね。ただ、何か伝えることがあれば先生にお伺いし、事前にあいましょう。Q.公立の小学校から私立へ転校できる?A.転校はできますが、一般的に私学の方が勉強が先に進んでいる事が多いです。私立へ転校後にきちんと勉強のフォローは必須と言えます。急な時にはしょうがないですが、中でも区外・市外への転校だと、転校手続きだけでも何日もかかってしまう事と思います。さらに両親とも働いている家庭の場合、様々な書類のやり取りなど平日にはできないため、返事を待つのに1週間という事もちょくちょくあり、なかなか進まないこともあるみたいです。新居にうつる一週間前には転出届の提出を終え、新居に住んだら2週間のうちに転入届、そしてその時に小学校への手続きもやってしまわないとなりません。必要な用品をそろえたり、時間がどれだけあろうと足りない!となりますので、できることならば、なるべく小学校の長期休みの時期に引っ越すのが一番と言えるでしょう。夏休みや春休み、冬の長期休暇中にゆっくり焦らず手続しながら子供の様子をよく見ておき、ケア、フォローをすることが大事だと思いますよ。